働き方を工夫しよう ~残業ばかりの医療業務に疲れたら~

残業を乗り切るために

ナースの仕事は職業柄、残業を抱えてしまう可能性が高いお仕事です。入院されている患者さんがおられる場合、いつ何時病が悪化をして人手が足りなくなるかもしれません。退勤時間だからと言いまして、人手が足りない状態で退勤する訳にいきません。又、同じ職場で働く方が辞めた場合、資格を要する仕事であるため直ぐに人材が現れるとは限りません。少子高齢化時代が訪れば、働く人材が少なくなり、病を患わし易いお年寄りが増えるため、この環境と言うのは一層激しくなる事も予測されます。ナースの仕事のみならず、仕事に対する残業と言うのは、本来行わなくても良い内容であるため、その考え方が帰りたい思いと、仕事を行わなければならない間に置かれストレスを高めてしまう事もあります。本能は帰りたい欲求が生まれて来ますが、理性がその本能を抑圧している姿とも言えます。この様な場合は、考え方を改めて職場を第二の自宅として、職場の人達を家族の様に考える事によってストレスを軽減するという手もあります。居心地の良い職場環境を積極的につくり、ストレスフリーな時間を増やしていくのです。リラックス出来る環境が、仕事に対してやり甲斐を強め質を高めてくれる可能性もあります。また、同僚同士の団結力を強めておくことで、助け合いができるチームワークが完成します。それにより残業が難しい日に気軽に業務を変わってくれたり手伝ってくれたりと、プライベートとのバランスも取れやすくなるのです。
■残業削減に役立つサイト:http://xn--zck7an6pc8087fnddf89e.com/

No comments yet Be the first to comment