働き方を工夫しよう ~残業ばかりの医療業務に疲れたら~

規則的な時間で働ける職場

ナース不足に加え、看護資格を持つ人材が求められる場所が急増している事から、看護師の働ける場所に多くの選択肢が見られるようになってきています。とりわけ、雇用条件の面では、病床の無いクリニックや介護施設の場合は、夜勤や残業の必要性がなくなる事も多く、看護師にとっても働きやすい条件を提示している事が多くなっているのです。具体的には、内科診療を行うクリニックでは、幅広い疾患に対して治療を提供する事になりますが、軽度の症状や健康状態の確認など、重篤な症状や処置が困難になる患者のケアに携わる事も少なく、対応が不可能な場合は医師が紹介状を出し、より医療設備の整った病院での診察が行われることから、看護師の負担も少なくなります。また、クリニックは開業時間が明確に定められており、時間外の診察を行わないところが多い為、残業の必要性も低く、時間的にも規則的な就労となる事が利点です。そして、介護関連の施設の場合も、一部の医療設備を整えた療養型の施設などを除き、ナースの勤務は夜勤や残業が少なくなる事が基本です。しかし、特別養護老人ホームなどに見られる特殊な介護施設の場合は、身体機能面の自立が不可能だけではなく、精神面の機能の問題により、常時監視が必要な患者も多い為、看護師の勤務時間も不規則になりがちです。そのため、デイケアや短期滞在型の介護老人施設などを選ぶ事で、規則的な勤務時間という雇用条件を優先した仕事が選べるようになります。

No comments yet Be the first to comment